認知行動療法の意義と課題:―行動医学との関連から―  [in Japanese] Significance and Future Directions of Cognitive Behavior Therapy::In Relation to Behavioral Medecine  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

認知行動療法は、行動療法と認知的アプローチを統合するもので、そこにはさまざまなアプローチが含まれる。近年、この認知行動療法が台頭してきた。この論文では、(1) 認知行動療法について概観し、(2) この治療体系の意義と課題を、行動医学との関連から考察した。<br>(1) に関しては、筆者らはまず認知行動療法とは何であるのかについて検討を加えた。そこでは、この体系が大きな広がりをもつことが強調された。この検討の後に、筆者らは、認知行動療法の代表的アプローチである、論理情動行動療法、認知療法、ストレス免疫訓練をとりあげ、説明した。特に、それぞれのアプローチの基本的な考え方や方法、技法に焦点を当てて述べた。<br>(2) に関しては、認知行動療法は、有効性が高く、行動医学とめざす共通点があるために、行動医学に大いに貢献できる可能性がある、ということが示された。<br>ただ、認知行動療法の最近の動向は、この体系がこれまで同様、これからも変化していく必要がある、ということを示唆している。「発達認知療法」が主張するような、構成主義 (コンストラクティヴィズム) や人間の成長の視点を考慮にいれて、認知行動療法について再考するのは、大いに見込みのあることにちがいない。しかし、認知行動療法を、行動療法の発展型ととらえる限りは、行動療法で用いられている科学的な方法論を認知行動療法も堅持することが必要である。<br>このように認知行動療法を再考し、それを更に発展させていくことは容易ではないだろうが、それによって、認知行動療法は行動医学に貢献できる可能性を一層高めることができるだろう。

Cognitive behavior therapy (CBT), the integration of behavioral and cognitive therapies including a wide variety of approaches, has been recently evolved. The present paper aimed (1) to overview CBT and (2) to discuss the significance along with future directions of the therapy regimen, in relation to behavioral medicine.<br>Concerning (1), the authors first examined the nature of CBT, stressing the broad range it covers. The authors then described some of the major approaches in CBT, rational emotive behavior therapy, cognitive therapy and stress inoculation training, focussing on the basic ideas and techniques of each approach.<br>With respect to (2), it was indicated that CBT has much possibility to contribute to behavioral medicine for its effectiveness and common orientations to share with behavioral medicine.<br>Recent trends in CBT suggest that the therapy regimen still needs to be modified as it has been. Reconsidering the regimen, taking the constructivist and developmental views as presented in “developmental cognitive therapies” into consideration, must have much prospect. However, holding the scientific methodology in CBT as in behavior therapy is indispensable, if we conceptualize the former as a developed form of the latter.<br>Further development of the CBT regimen after such a reconsideration, though it may not be easy, will augment its possibility of further contribution to behavioral medicine.

Journal

  • Japanese Journal of Behavioral Medicine

    Japanese Journal of Behavioral Medicine 2(1), 29-36, 1995

    The Japanese Society of Behavioral Medicine

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005003477
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1341-6790
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top