経腸栄養剤・治療用ミルク使用で注意すべき栄養素欠乏 Deficiency of some nutrients due to use of enteral and special milk formulas

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 児玉 浩子 Kodama Hiroko
    • 帝京平成大学健康メディカル学部健康栄養学科 Department of Health and Dietetics, Faculty of Health and Medical Sciences, Teikyo Heisei University

抄録

 経腸栄養剤や特殊ミルク・治療用ミルクには, いくつかの必須栄養素がほとんど含まれていないものがある. 主なものとしては, エンシュア・リキッド<sup>®</sup>にはカルニチン, セレン, ヨウ素 ; エレンタール<sup>®</sup>にはカルニチン, セレン ; ラコール<sup>®</sup>にはカルニチン, ヨウ素 ; 牛乳アレルゲン除去ミルク・乳糖除去ミルク・MCTミルク・ケトンフォーミュラ・先天性代謝異常症用ミルクなどにはビオチン, カルニチン, セレン, ヨウ素がほとんど含まれていない. これらを単独で使用すると, 含有量の少ない栄養素の欠乏をきたすおそれがある. これら栄養剤・ミルクを単独で使用する場合は, 欠乏症に注意し, 必要に応じて補充することが大切である.

  The importance of nutritional management has recently been at the forefront of medicine. This also applies to the pediatric field, in which patients are often treated with special milk and enteral nutrient formulas. To meet this demand, various types of formula have been developed. However, some of these products lack sufficient levels of some necessary nutrients, and severe nutritional deficiencies have been reported in patients treated with these special milk and enteral formulas. Milk used to treat patients with inborn metabolic disorders, as well as those with milk allergies and ketogenic formulas, and some enteral nutrient formulas lack sufficient amounts of biotin, carnitine, selenium, and iodine. This suggests that special care to avoid a deficiency of nutrients must be taken when treating patients with special milk or enteral nutrient formulas.

収録刊行物

  • 脳と発達

    脳と発達 46(1), 5-9, 2014

    一般社団法人 日本小児神経学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005005682
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0029-0831
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ