重症心身障害児 (者) におけるフードを用いたエネルギー代謝量の測定  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

 通気型の透明プラスチックフードを用いて間接熱量計によって重症心身障害児 (以下重症児) の安静時エネルギー代謝量を測定した. 対象は経管栄養法が施行されている重度の痙性四肢麻痺の2名である. <br> エネルギー代謝量はそれぞれ725kcal/日, 531kcal/日で, 測定中に覚醒しているにも係らず安静を保つことができた. <br> この値から1日の推定エネルギー必要量の算出を試み, 摂取エネルギー量や身体計測値と比較した. 本法はエネルギー必要量を推定する際の指標になる可能性があると考えられた. <br> また, 重症児では従来のマスクを用いる方法では, 装着が煩雑で, 違和感が強いため測定が困難な場合が多い. 本法は違和感が少なく, 手技も簡便で短時間に正確なエネルギー代謝量の測定が可能であるため, 重症児に適した方法であると考えられた.

Journal

  • NO TO HATTATSU

    NO TO HATTATSU 47(1), 53-54, 2015

    The Japanese Society of Child Neurology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005005753
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0029-0831
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top