LMNtal分散処理系の設計と実装 Design and Implementation of the Distributed LMNtal Runtime

Access this Article

Author(s)

    • 中島 求 Nakajima Motmu
    • 早稲田大学大学院理工学研究科情報・ネットワーク専攻 Department of Computer Science, Waseda University
    • 加藤 紀夫 Kato Norio
    • 早稲田大学理工学部コンピュータ・ネットワーク工学科 Department of Computer Science, Waseda University
    • 上田 和紀 Ueda Kazunori
    • 早稲田大学理工学部コンピュータ・ネットワーク工学科 Department of Computer Science, Waseda University
    • 水野 謙 Mizuno Ken
    • 早稲田大学大学院理工学研究科情報・ネットワーク専攻 Department of Computer Science, Waseda University

Abstract

LMNtalは階層的グラフ構造の書換えに基づく並行言語モデルである.LMNtalではグラフ内のリンク構造や階層化された膜構造を動的に変化させることによって,分散処理をはじめとする多様な計算を統一的かつ簡潔に記述することができる.LMNtalにおいて分散処理を実現するためには,膜と物理的な計算機をマッピングすればよいことが知られている.しかし,そのような膜を単位とする分散処理の正しく効率的な実装方法は知られていない.本発表では,膜構造を用いたLMNtal向けの効率よく協調動作する分散処理メカニズムについて説明する.我々は,本方式に基づくLMNtalの分散処理系を,Java版LMNtal逐次処理系の分散拡張によって実装した.これにより,LMNtalが分散処理を簡潔に記述できることを実証した.

LMNtal is a simple language model based on graph rewriting that uses membranes to represent hierachies. LMNtal is able to represent various computation uniformly and simply using links and membrane hierachies. Distributed LMNtal system is achievable by mapping membranes to physical computers, though the method for implementing it correctly and efficiently is unknown. In this presentation, we discuss an implementation based on membrane hierachies. The distributed LMNtal runtime is implemented by extending the existing sequential implementation of LMNtal runtime written in Java. We have shown that distributed computing can be written simply using LMNtal.

Journal

  • Conference Proceedings of Japan Society for Software Science and Technology

    Conference Proceedings of Japan Society for Software Science and Technology 21(0), 33-33, 2004

    Japan Society for Software Science and Technology

Codes

Page Top