属性文法上のShortcut Deforestation Shortcut Deforestation on Attribute Grammar

この論文にアクセスする

著者

    • 胡 振江 Hu Zhenjiang
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科|科学技術振興機構 さきがけ研究21 Graduate School of Information Science and Technology|PRESTO 21, Japan Science and Technology Agency

抄録

関数型言語では、関数を組み合わせることによってプログラムを構成するが、このとき結果に直接関係しない中間データ構造が発生し、効率を下げる原因となる。融合変換は、関数を融合することでこのような中間データ構造を削除するプログラム変換であり、運算や属性文法の枠組みを用いて多くの研究がなされている。しかし、両枠組みの研究が独立に行われ、互いの関係また両枠組みの融合に関する研究は少ない。本研究では、今まで運算手法の上で議論されてきた融合変換の1つである「shortcut deforestation」を属性文法の枠組みで記述し、その変換規則を与える。そして既成の融合変換との比較を行う。

In functional programming we construct programs by combining small functions. At this time, unnecessary intermediate data structures are introduced and decline efficiency. Deforestation, that is program transformation which eliminates intermediate data structures by fusing functions, is researched with framework of calculational form and attribute grammar, but they are studied independently and research of their relation or composition have been rare yet.In this paper, we bring ``shortcut deforestation'', studied in a framework of calculational form, into the attribute grammar world. We describe it in attribute grammar, give its transformation rule, and compare with existing deforestation method.

収録刊行物

  • 日本ソフトウェア科学会大会講演論文集

    日本ソフトウェア科学会大会講演論文集 21(0), 61-61, 2004

    日本ソフトウェア科学会

各種コード

ページトップへ