アナターゼ型ナノサイズ二酸化チタニウムの肺組織および培養マクロファージへの影響-ルチル型との比較検討-  [in Japanese] Effect of anatase type nanosized titanium dioxide particles on the rat lung and cultured macrophages -comparative study with rutile type-  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 沼野 琢旬 NUMANO Takamasa
    • 名古屋市立大学大学院医学研究科分子毒性学分野|株式会社DIMS医科学研究所 Department of Molecular Toxicology, Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences|DIMS Institute of Medical Science, Inc.
    • 徐 結苟 XU Jiegou
    • 名古屋市立大学津田特任研究室 Nanomaterial Toxicology Project, Nagoya City University
    • 二口 充 FUTAKUCHI Mitsuru
    • 名古屋市立大学大学院医学研究科分子毒性学分野 Department of Molecular Toxicology, Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences
    • 深町 勝巳 FUKAMACHI Katsumi
    • 名古屋市立大学大学院医学研究科分子毒性学分野 Department of Molecular Toxicology, Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences
    • 清水 秀夫 SHIMIZU Hideo
    • 名古屋市立大学医学研究科共同研究室 Core Laboratory, Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences
    • 酒々井 眞澄 SUZUI Masumi
    • 名古屋市立大学大学院医学研究科分子毒性学分野 Department of Molecular Toxicology, Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences

Abstract

【背景と目的】化粧品、食品、塗料などに用いられているナノサイズ二酸化チタニウム(nTiO<sub>2</sub>)は吸入曝露による健康被害が懸念されている。nTiO<sub>2</sub>は主にルチル型とアナターゼ型に分けられ、これまでに我々は、ルチル型nTiO<sub>2</sub>に肺発がんプロモーション作用があること、そのメカニズムに、マクロファージの誘導、酸化ストレス、MIP1αが関与すること、さらにMIP1αがヒト肺がん細胞株 (A549) の増殖を促進することを見出した。本研究ではアナターゼ型 nTiO<sub>2</sub>の肺内噴霧による肺組織および培養マクロファージに対する影響をルチル型と比較検討した。<br>【材料と方法】雌SDラットにアナターゼ型およびルチル型nTiO<sub>2</sub>生食懸濁液を1回あたり500 ug/mLの濃度で0.5 mL肺内噴霧した。2週間に計8回噴霧した後に屠殺剖検した。肺組織を取り出し、MIP1αの発現量および8-OHdGレベルを測定し、肺組織に誘導されたマクロファージの数を定量した。nTiO<sub>2</sub>を初代培養マクロファージに曝露させ、その培養上清によるA549の細胞増殖率を測定した。<br>【結果と考察】アナターゼ型nTiO<sub>2</sub>投与群の肺組織におけるMIP1α発現量およびマクロファージ誘導数は、対照群に比べて有意に上昇していたが、ルチル型nTiO<sub>2</sub>投与群より有意に低下していた。有意差は無いが、8-OHdG量にも同様の傾向を認めた。電顕では、いずれの型も肺胞マクロファージに貪食されていた。ルチル型nTiO<sub>2</sub>で処理したマクロファージの培養上清はA549細胞の増殖率を有意に増加させたが、アナターゼ型では有意差は無いが増殖率の増加傾向を示した。アナターゼ型はルチル型と比べて肺組織および培養マクロファージへの影響は弱いことが示唆された。影響の違いはアナターゼ型とルチル型との結晶構造の違いに依存している可能性がある。よってnTiO<sub>2</sub>のヒト健康への影響を考えた時、その形状を考慮する必要がある。

Journal

  • Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 39.1(0), O-32, 2012

    The Japanese Society of Toxicology

Codes

Page Top