アロプリノールを服用した患者でのスティーブンス・ジョンソン症候群/中毒性表皮壊死症の発症と関連するバイオマーカーの網羅的探索研究  [in Japanese] A whole-genome association study of major determinants for allopurinol-related Stevens-Johnson syndrome and toxic epidermal necrolysis in Japanese patients  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 頭金 正博 TOHKIN Masahiro
    • 名古屋市立大学薬学部医薬品安全性評価学分野|国立医薬品食品衛生研究所医薬安全科学部 Department of Medicinal Safety Science, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Nagoya City University|Division of Medicinal Safety Science, National Institute of Health Sciences
    • 安部 正通 ABE Masamichi
    • 藤田保健衛生大学医学部皮膚科学 Department of Dermatology, Fujita Health University School of Medicine
    • 古谷 博和 FURUYA Hirokazu
    • 国立病院機構大牟田病院 神経・筋センター Department of Neurology, Neuro-Muscular Center, National Oomuta Hospital
    • 池田 浩子 IKEDA Hiroko
    • 国立静岡てんかん・神経医療センター Shizuoka Institute of Epilepsy and Neurological Disorders, National Epilepsy Center
    • 村松 正明 MURAMATSU Masaaki
    • 東京医科歯科大学難治疾患研究所分子疫学分野 Molecular Epidemiology, Medical Research Institute, Tokyo Medical and Dental University
    • 池澤 善郎 IKEZAWA Zenro
    • 横浜市立大学大学院医学研究科環境免疫病態皮膚科学 Department of Environmental Immunodermatology, Yokohama City University Graduate School of Medicine
    • 鹿庭 なほ子 KANIWA Nahoko
    • 国立医薬品食品衛生研究所医薬安全科学部 Division of Medicinal Safety Science, National Institute of Health Sciences
    • 斎藤 嘉朗 SAITO Yoshiro
    • 国立医薬品食品衛生研究所医薬安全科学部 Division of Medicinal Safety Science, National Institute of Health Sciences
    • 杉山 永見子 SUGIYAMA Emiko
    • 国立医薬品食品衛生研究所医薬安全科学部 Division of Medicinal Safety Science, National Institute of Health Sciences
    • 黒瀬 光一 KUROSE Kouichi
    • 国立医薬品食品衛生研究所医薬安全科学部 Division of Medicinal Safety Science, National Institute of Health Sciences
    • 西川 潤 NISHIKAWA Jun
    • 国立医薬品食品衛生研究所医薬安全科学部 Division of Medicinal Safety Science, National Institute of Health Sciences
    • 相原 道子 AIHARA Michiko
    • 横浜市立大学大学院医学研究科環境免疫病態皮膚科学 Department of Environmental Immunodermatology, Yokohama City University Graduate School of Medicine

Abstract

【目的】スティーブンス・ジョンソン症候群/中毒性表皮壊死症(SJS/TEN)は、稀にしか発症しないものの、極めて重篤な医薬品による副作用の一つである。そこで、SJS/TEN発症を予測するバイオマーカーを見いだすことを目的として、アロプリノールを服用した患者でのSJS/TENの発症と関連する遺伝子多型を全ゲノムおよびヒト主要組織適合性複合体(HLA)遺伝子を対象として探索した。【方法】アロプリノールが被疑薬と考えられる患者14名および健常者991名から文書による同意を得てゲノムDNAを調製した。Illumina Human 1M-Duo DNA Analysis BeadChipによる網羅的な一塩基多型 (SNP) 解析を行い、SJS/TEN発症との関連解析を行った。また、SJS/TEN発症者についてはHLAクラスI及びII領域の配列解析により遺伝子多型解析を行った。【結果および考察】アロプリノールを服用していたSJS/TEN発症患者14名と健常者991名の網羅的SNPsデータを用いた関連解析において、多重性の補正後も有意に関連性のある複数のSNPsが、第6番染色体のHLA遺伝子群の近傍(6p21.3)に存在する乾癬感受性遺伝子(PSORS1C1)等で見いだされた。従って、これらの遺伝子の産物がSJS/TENの発症に関連している可能性が考えられた。また、これらのSNPsの中には、アロプロノールによるSJS/TENの発症と強く関連していることが漢民族をはじめ、コケージアンや日本人で既に報告されているHLA-B*5801と絶対連鎖不平衡になっているものがあった。これらのSNPsはHLA-B*5801よりも簡便に測定できるので、アロプロノールによるSJS/TEN発症と関連するバイオマーカーとしての有用性が高いと考えられる。

Journal

  • Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 39.1(0), P-170, 2012

    The Japanese Society of Toxicology

Codes

Page Top