RCEMを対象とする燐光壁面温度計測法の開発  [in Japanese] Phosphor thermometry of the wall temperature in the RCEM cylinder  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 染矢 聡 someya satoshi
    • 産業技術総合研究所|東京大学大学院 新領域創成科学研究科 Advanced Industrial Science and Technology|Graduate School of Frontier Science, The Univ. of Tokyo.
    • 富永 馨 tominaga kaoru
    • 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 Graduate School of Frontier Science, The Univ. of Tokyo.

Abstract

本研究では燐光寿命を利用し,一応用例として急速圧縮膨張装置(RCEM)と呼ばれる内燃機関内における二次元壁面温度分布計測法の開発を目指す.本研究では励起直後の燐光強度分布を高速度カメラで撮影し,各部位の燐光強度の時間変化から寿命を求めて温度を評価した.本研究ではまず,いくつかの蛍光体の燐光特性について実験的な調査を行い,また,壁面への蛍光体の塗布法についての検討を行った.また,蛍光体をRCEM壁面に塗布し,筒内壁面温度計測を実施した.温度校正データを利用して計測誤差を求めた結果,測定誤差は±約4°Cであった.燃焼,非燃焼の各状態で壁面温度分布の瞬時計測を行った結果を報告する.

Journal

  • Proceedings of National Heat Transfer Symposium

    Proceedings of National Heat Transfer Symposium 2011(0), 334-334, 2011

    The Heat Transfer Society of Japan

Codes

Page Top