高分解能領域気象モデルによる気象擾乱に伴う風速の極値の解析  [in Japanese] NUMERICAL ANALYSIS OF WIND SPEED EXTREMES ASSOCIATED WITH WEATHER DISTURBANCES BY A HIGH-RESOLUTION REGIONAL METEOROLOGICAL MODEL  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

領域気象モデルに高精度・高分解能の標高および土地利用データを組み込み、冬季の温帯低気圧に伴う強風の事例について格子幅100 m以下での高分解能数値シミュレーションを行った。山形県庄内平野および東京都心部を対象領域とした。庄内平野での多数事例の合成解析により、地形の起伏や地表面特性に対応した風速分布が得られた。地上高50 mでの最大風速値が観測された最大瞬間風速によく対応しており、地表面からある程度離れた高度での風速値が極値の出現ポテンシャルを示すものとして捉えることができる。東京での解析結果から、大都市のような都市キャノピー効果が顕著な場所では、より高いモデル高度での風速値が実際の最大瞬間風速と対応していた。両地域での解析から共通して言えるのは、地上高10から20 mでのモデル風速は実際の平均風速に対応し、地上高50 m以上数100 mまでのモデル風速が実際の最大瞬間風速に対応するということである。

This study investigates the representations of wind speed extremes that occur during the passage of weather disturbances by conducting high-resolution meteorological simulations that incorporate high-resolution datasets for land-use and land-cover information as well as digital elevation model. High wind events due to winter-season midlatitude cyclones are chosen. The results clearly demonstrate the fine-scale structures of wind speed distribution that change in response to the fine-scale terrains and land characteristics. Composite analyses of the cases over the Shonai Plains indicate that the wind speed maxima at the 50-m height AGL correspond to the observed wind gusts, while a high-wind case over the Tokyo metropolitan area indicates that the wind maxima at higher levels correspond to the observed gusts. The wind maxima at higher levels can be used to diagnose wind extreme potential.

Journal

  • PROCEEDINGS OF NATIONAL SYMPOSIUM ON WIND ENGINEERING

    PROCEEDINGS OF NATIONAL SYMPOSIUM ON WIND ENGINEERING 21(0), 19-24, 2010

    Japan Association for Wind Engineering

Codes

Page Top