自然湖沼で観察された鰓尾類チョウの浮遊個体 Observation of free living <i>Argulus japonicus</i> in the natural lake.

この論文にアクセスする

著者

抄録

山梨県四尾連湖において、1994年4月から2004年3月までの10年間、動物プランクトンネットによって、水深ごとにチョウ(<i>Argulus japonicus</i>)の浮遊個体数、齢別構成などを調査した。調査期間中、チョウ類が観察されたのは、2000年から2002年の3年間のみで、他の年には、全く発生していなかった。発生ピーク年は2001年で、196.3個体/tであった。夏期の水温の上昇とともに浮遊個体は多くなり、8月にピークが認められた。また、水深2m層で、個体数が多かった。

収録刊行物

  • 日本陸水学会 講演要旨集

    日本陸水学会 講演要旨集 69(0), 176-176, 2005

    日本陸水学会

各種コード

ページトップへ