湖沼における沈水植物の種間関係:セキショウモとイバラモ属3種の関係について Interspecific relation between submerged macrophytes in a lake:Interspecific relation between Vallisneria asiatica and three species of Najas

Access this Article

Author(s)

Abstract

新潟県の砂丘湖の一つ長峰池において,沈水植物で優占するセキショウモ(Vallisneria asiatica)とイバラモ属3種,イバラモ(Najas marina),オオトリゲモ(N. oguraensis),ホッスモ(N. graminea)の分布と成長に関する関係を調べた.分布の水深限界はホッスモ,セキショウモで約250cm,イバラモ,オオトリゲモで約340cmであった。また,分布限界の相対照度はホッスモ,セキショウモで2-3_%,イバラモ,オオトリゲモで0.8-1%であった。4種について分布と底質の関係,成長時期の違いなどから種間関係を考察する。

Journal

  • Proceedings of General Assembly of The Japanese Society of Limnology

    Proceedings of General Assembly of The Japanese Society of Limnology R68(0), 185-185, 2003

    The Japanese Society of Limnology

Codes

Page Top