切り貼り偽造に強い2次元コード「MELON CODE」 "MELON CODE" - 2D Code Designed for Anti-Counterfeit

Access this Article

Author(s)

Abstract

多数の物体に付加されたIDを低コストで一気に読み取るためには、それらの物体上に印刷された粗い2次元コードを安価な1台のカメラで撮像し画像認識する方法が有効である。しかし、単に粗い2次元コードを用いただけでは、切り貼りによって比較的容易に別のIDのコードを偽造される恐れがある。そこで本研究では、メロンの皮の模様のような図形の中に数値を埋め込むことで2次元コードの切り貼り偽造を防止し、同時に高速かつ低コストの画像認識システムを構築できたので報告する。

To read IDs on many objects at once at low cost, it's effective to read rough 2D codes printed on them by image recognition technologies. But there is a risk of counterfeit by mosaicking the fragments of these codes. MELON CODE enables you to embed ID number in 2D pattern similar to melon skin textures. It's difficult to counterfeit MELON CODE because of the specific characteristics of the figures.

Journal

  • Proceedings of the Annual Conference of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan

    Proceedings of the Annual Conference of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan 34(0), 93-94, 2006

    The Institute of Image Electronics Engineers of Japan

Codes

Page Top