アメリカ大統領候補のスピーチの計量言語学的比較 Metrical Linguistic Comparison of the Speeches of American Presidential Candidates

この論文にアクセスする

著者

抄録

本年2008年、アメリカの大統領選挙が行われる。本研究では、3人の有力候補、Barack Obama、Hillary Clinton、John McCain候補のスピーチについて計量言語学的な解析を行い、比較を行った。すなわち、それぞれスピーチについて文字や単語の出現頻度の特徴を調べた。これらの特性を指数関数によって近似を行った。さらに、日本の中学校の必修単語とアメリカの基礎単語("The American Heritage Picture Dictionary" を使用)を用いて、各試料の難易度を求めた。さらに、各試料のK特性値を求めた。結果として、McCain候補のスピーチには文字頻度において英語の文学作品と同様の傾向が見られることや、彼のスピーチは他の候補より難しい傾向があることなどが明らかとなった。

In 2008, an American presidential election is going to be held. In this study, we examined the speeches of three candidates to educe their linguistic features statistically. In short, frequency characteristics of character-appearance and word-appearance were investigated. These characteristics were approximated by an exponential function: [ y = c * exp(-bx)]. Furthermore, we calculated the percentage of required vocabulary for Japanese junior high school students to obtain the difficulty-level. As a result, it has been shown that the speeches of Mr. McCain have the same tendency as English literature in the character-appearance, and his speeches tend to be more difficult than other candidates.

収録刊行物

  • 日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集

    日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集 24(0), 71-71, 2008

    日本知能情報ファジィ学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005035306
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ