サイコパシーと心の理論との関連  [in Japanese] Relation between psychopathy and Theory of Mind  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 金本 麻里 KANEMOTO Mari
    • 東京大学教養学部生命・認知科学科認知行動科学分科 Life and Cognitive Science, Cognitive behavioral science division, Graduate School of Arts and Sciences, The University of Tokyo
    • 中村 敏健 NAKAMURA Toshitake
    • 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻生命環境科学系認知行動科学大講座 Unit of Cognitive and Behavioral Sciences, Department of Life Sciences, Graduate School of Art and Sciences, The University of Tokyo
    • 明地 洋典 AKECHI Hironori
    • 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻生命環境科学系認知行動科学大講座 Unit of Cognitive and Behavioral Sciences, Department of Life Sciences, Graduate School of Art and Sciences, The University of Tokyo
    • 長谷川 寿一 HASEGAWA Toshikazu
    • 東京大学教養学部生命・認知科学科認知行動科学分科|東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻生命環境科学系認知行動科学大講座 Life and Cognitive Science, Cognitive behavioral science division, Graduate School of Arts and Sciences, The University of Tokyo|Unit of Cognitive and Behavioral Sciences, Department of Life Sciences, Graduate School of Art and Sciences, The University of Tokyo

Abstract

サイコパシーは、反社会的特徴を持つ人格障害であり、他者の心的状態の認知能力の障害との関連が臨床研究により示されている(Blair, 2005)。先行研究(Ali et al., 2009;2010)では非臨床群を対象に表情・視線・音声刺激が表す感情についての認知課題が用いられ、高サイコパシー傾向者が感情理解に障害を持つことが示唆された。本研究では、その拡張として、感情的側面を含まない他者の心的状態の認知にも障害が見られるかを、大学生を対象に、Dumontheilら(2010)が成人を対象に作成した心の理論課題の成績とサイコパシー尺度得点との関係を見ることで検討した。この課題は相手の視点に立った振る舞いが遂行に必要となるコンピューター上の課題である。その結果、サイコパシー傾向と心の理論課題の誤答数とに正の相関が見られた。つまり、サイコパシー傾向が高いほど感情的側面を含まない他者の心的状態の認知に障害が見られることが示唆された。

Journal

  • Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology

    Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology 2011(0), 63-63, 2011

    The Japanese Society for Cognitive Psychology

Codes

Page Top