フェリチンタンパク質を用いた基板上への金ナノ粒子高密度選択配置 とプラズモニック特性  [in Japanese] Plasmonic characteristic of high-density gold nanoparticles selectively positioned on substrate by ferritin protein-base versatile encapsulation/delivery system  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

Ti認識ペプチドとAu認識ペプチドを有するリコンビナントフェリチンのサブユニット(TFG)で金ナノ粒子(GNP)を覆ったTFG-GNP複合体によるTiパターン上への選択配置を報告する。Ti上に高密度選択配置したTFG-GNP複合体のプラズモニック特性を評価した結果、GNP特有ピークが波長シフトすることなく観察された。この結果より、TFGを用いたGNP配置技術は、等間隔・高密度でGNPを基板上に配置させることが可能であり、デバイス応用に向け有用な技術あることが示された。

Journal

  • Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 30(0), 148-148, 2010

    The Surface Science Society of Japan

Codes

Page Top