オゾン分子の赤外吸収:ガス分圧の測定及び分子解離度の評価への応用  [in Japanese] Infrared Absorption of an Ozone Molecule: Application for Measuring Its Partial Pressure and Evaluating Molecular Dissociation  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

活性な酸化剤ガスであるオゾン(O<SUB>3</SUB>)は非直線等核3原子分子であることから、基準振動やその結合音等の赤外吸収(IR)ピークを示し、その吸光度はLambert-Beer則に従ってO<SUB>3</SUB>ガス濃度に比例することが期待される。本報告では、全圧測定をIR測定と併用することでO<SUB>3</SUB>の分圧及びO<SUB>3</SUB>から酸素への解離度の評価を試みると共に、IR吸光度への測定分解能の影響と補正の必要性について検討する。

Journal

  • Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 30(0), 398-398, 2010

    The Surface Science Society of Japan

Codes

Page Top