由良川流域における土地利用形態が水質に与える影響:鉄と硝酸態窒素からの考察  [in Japanese] Effects of land use on water quality in Yura River : Considerations from Fe and nitrate  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

生態系サービスを意識した流域管理を考える際,河川水質を把握し、物質を介した森川海のつながりを明らかにすることが重要である。本研究では、京都府北部の由良川流域を対象とし,河口沿岸域における一次生産の養分物質として重要な溶存鉄と硝酸、ならびに溶存鉄の挙動に影響を与える腐植物質の空間分布に着目し、土地利用形態との関係を解析した。<br> 鉄・硝酸・腐植物質とも,森林域で平均濃度が低く,小集水域間のばらつきが大きかった。集水域が大きくなると平均化され低濃度で安定した。下流に向かって農耕地や市街地の面積率が高くになるにつれて濃度が上昇し,森林以外の土地利用が河川への負荷源として大きく影響することが分かった。ただし溶存鉄は河口域で濃度低下が見られ,腐植物質・硝酸と異なる濃度変化を示した。塩分濃度の上昇により腐植鉄錯体の解離反応が進行した可能性が考えられる。従来、腐植鉄錯体の供給源として森林の重要性が指摘されている。しかし、今回の結果では、溶存鉄の森林以外からの供給と,河口域での濃度低下が確認された。従って、溶存鉄の挙動に影響する腐植物質の土地利用形態ごとの質評価が重要であると考えられた。

Journal

  • The Japanese Forest Society Congress

    The Japanese Forest Society Congress 124(0), 216, 2013

    THE JAPANESE FORESTRY SOCIETY

Codes

Page Top