この論文にアクセスする

抄録

次世代の豪雨強風監視システムとして,防災科学技術研究所が複数の研究機関,大学と連携して進めているXバンドレーダネットワーク(X-NET)の概要について述べた.2007昨年度に準備を終了し,2008年と2009年の試験観測を通じて以下の項目に焦点を当てた研究をおこなう.•首都圏上空の雨と風の3次元分布(時間分解能6分,空間分解能は数100m~500m)の瞬時集約と配信.•上記の情報に基づく豪雨域,強風域の検出と監視.•外そう法による降水ナウキャスト,およびデータ同化した雲解像数値モデルによる降水短時間予測.•局地気象擾乱の構造,発生過程,発生機構の理解.•都市型災害の発生予測手法の高度化.•気象学,防災研究,気象教育,建築,都市,交通,電力,通信,情報,レジャー産業などの様々な分野における基礎的な気象データベース作成.

To mitigate disasters caused by heavy rainfalls, the National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention (NIED) has been implementing an advanced X-band radar network named X-NET since 2006. At present, two polarimetric radars of NIED, a Doppler radar of Chuo University, and a Doppler radar of NDA are networked. NIED plans to add an additional polarimetric radar into the network in 2008. JWA is considering the possibility of incorporating their Doppler radar into the X-NET. The goal of X-NET is to provide accurate and high-resolution precipitation data and wind data, which are useful to understand the mechanism of heavy rainfall developments and to improve their forecasting accuracy.

収録刊行物

  • 水文・水資源学会研究発表会要旨集

    水文・水資源学会研究発表会要旨集 21(0), 11-11, 2008

    水文・水資源学会

各種コード

ページトップへ