アジアモンスーン地域における渓流水質予測モデルの適用と水文学的改良  [in Japanese] Application of biogeochemical model for streamwater chemistry and hydrologically improvement in Asian Monsoon region  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

アメリカ北東部で開発された渓流水質予測モデルをアジアモンスーン地域に適用したところ、この地域の正確な水文過程を考慮した改良をモデルに組み込むこと必要があることが明らかになった。この改良により、表層土壌水と下層の地下水との混合過程が反映され、表層の窒素プールから渓流への流出遅れが表現できるようになった。しかし、計算濃度は観測値より高く、観測流域の現実に即した植生パラメータの適用によりこの結果は改善される可能性がある。これに加え、常に飽和状態にあり、長い滞留時間を持つ地下水帯内では、還元条件下での脱窒反応が進行するが、モデルにはこの影響は含まれていない。従って、水文過程を正確に考慮したモデルを適用することにより、脱窒などの生物化学過程がどの程度渓流水の濃度に影響するかを検討することが可能になる。

Journal

  • Proceeding of Annual Conference

    Proceeding of Annual Conference 21(0), 128-128, 2008

    THE JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY AND WATER RESOURCES

Codes

Page Top