モンゴル北部における降水量の年々変動と水蒸気起源  [in Japanese] Interannual Variation of Precipitation and Water Vapor Sources in Northern Mongolia  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 小池 百合子 KOIKE Yuriko
    • 筑波大学大学院 生命環境科学研究科 Graduate School of Life and Environmental Sciences, University of Tsukuba

Abstract

モンゴルでは近年の降水量の減少と気温の上昇による砂漠化かが懸念されており [Yatagai and Yasunari, 1994],降水量の変動要因の解明が重要である.本研究では降水量変動と降水起源の変動の関係を明らかにするため,バックトラジェクトリー解析を用いて水蒸気を時間を遡って追跡し,モンゴル北部のKherlenbayan-Ulaan (KBU)における2003年から2009年までの暖候期(6-8月)の降水の起源を推定した.地表面で蒸発した水蒸気の大気への拡散プロセスと雨滴の形成高度はDirmeyer and Brubaker, [1999]にならってモンテカルロシミュレーションを用いて計算した.風速の計算には JRA-25/JCDAS [Onogi et al., 2007],降水量 は現地の観測値を使用した.<br> 解析の結果,7年間を通して,モンゴル周辺地域と中央アジア,および西アジアでモンゴル北部の降水への寄与率が高く, 主要な降水起源であることが分かった.この結果は,Sato et al. [2007]が地域気候モデルを用いて推定した水蒸気起源とも一致している.特にモンゴル周辺からの水蒸気は暖候期降水量の年々変動に関係なく,毎年ほぼ一定量寄与しているということが新たに明らかになった.<br> 一方で,中央アジアおよび西アジアからの水蒸気供給量は年々変動が大きく,暖候期降水量の年々変動と高い相関を示した.このことから,中央アジアと西アジアからの水蒸気供給量の変動が,モンゴル北部の暖候 期降水量の変動に強く影響していると考えられる.<br> また,2003年は夏から秋にかけて降水量が多く,翌年2004年はモンゴル周辺地域からの水蒸気供給が例年よりも多かった.これは2003年の秋の降水が冬期に凍結することで2004年の春まで土壌中に保持され,2004年の春から夏にかけて本地域の土壌水分が高かったためと考えられる.このような土壌水分の越冬現象は,Shinoda and Nandintsetseg [2011]によって指摘されている.

In order to investigate the precipitation sources and its interannual variation in northern Mongolia, a back-trajectory model of atmospheric water vapor was developed and applied to rainfall during the warm season between from 2003 to 2009 at Kherlenbayan-Ulaan (KBU) in northern Mongolia. The results show that the major precipitation sources of rainwater at KBU are the local Mongolia and the central and the western Asia. Water vapor evaporated from the local Mongolia is approximately 20% of the total summer precipitation, and this ratio is particularly higher in Mongolia in compared with the other area on the globe. Then, water vapor supply from the central and the western Asia have a larger interannual variation and explain the major portion of the interannual variation in the total precipitation. In addition, the supply of water vapor from the local Mongolia is anomalously large in 2004. It is suggested that the larger precipitation in the autumn of 2003 was preserved up to the next spring of 2004.

Journal

  • Proceeding of Annual Conference

    Proceeding of Annual Conference 26(0), 136, 2013

    THE JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY AND WATER RESOURCES

Codes

Page Top