Klf5による多能性幹細胞維持機構  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 浅見 拓哉 AZAMI Takuya
    • 筑波大人間総合,解剖学発生学 Department of Anatomy and Embryology, Faculty of Medicine, University of Tsukuba
    • 松本 健 MATSUMOTO Ken
    • 筑波大人間総合,解剖学発生学 Department of Anatomy and Embryology, Faculty of Medicine, University of Tsukuba
    • 全 孝静 JEON Hyojung
    • 筑波大人間総合,解剖学発生学 Department of Anatomy and Embryology, Faculty of Medicine, University of Tsukuba
    • 高橋 智 TAKAHASHI Satoru
    • 筑波大人間総合,解剖学発生学 Department of Anatomy and Embryology, Faculty of Medicine, University of Tsukuba
    • 依馬 正次 EMA Masatsugu
    • 筑波大人間総合,解剖学発生学|科学技術振興機構 さきがけ Department of Anatomy and Embryology, Faculty of Medicine, University of Tsukuba|JST PREST

Abstract

マウスES細胞の自己複製はOct4,Sox2,Nanogがcore circuitを形成し,協調的に機能することにより維持される。これらの転写因子は多能性の維持だけでなく,発生過程でも重要であり,それぞれの欠損マウスは着床前後に致死である。また,Oct4,Sox2,Nanogは体細胞をiPS細胞へ初期化する能力を持つ。山中4因子の中でもKlf4は初期胚発生およびES細胞の未分化性維持には必ずしも必須ではない。Klf4はKruppel-like factor familyに属する転写因子であり,ES細胞においては特にKlf2,Klf4およびKlf5が重複した機能を持つことにより自己複製を維持していることが報告されている。これまでに我々は,Klf5は他のKlfファミリーと異なり,ES細胞の自己複製および初期胚発生過程に重要であることを明らかにした。しかし,Klf5によるマウス初期発生の制御機構,マウスES細胞の自己複製機構は分子レベルでは殆ど明らかにされていない。そこで本研究では,Klf5の初期発生過程および 多能性幹細胞におけるより詳細な機能解析を目的とした。 今回我々は,Klf5 KO胚のより詳細な表現型解析を行った。Klf5の制御する下流遺伝子群を同定するため,野生型胚とKlf5 KO胚からcDNAを増幅しマイクロアレイ解析を試みた。その結果,Klf5 KO胚ではあるシグナル伝達経路が活性化している事を見いだした。さらに,この経路を遮断する阻害剤の存在下でKlf5 KO胚を培養した結果,KO胚で見られた細胞死や細胞周期の進展異常が有意にレスキューされていた。特に,Klf5 KO胚の内部細胞塊ではNanog陽性細胞が消失しているが,この経路の遮断によりNanog陽性細胞が出現したことに加え,ES細胞を樹立することに成功した。このことから,Klf5はこのシグナル伝達経路を制御することにより,正常な発生および多能性維持に機能している可能性が示唆された。

Journal

  • The Journal of Reproduction and Development Supplement

    The Journal of Reproduction and Development Supplement 106(0), OR1-37-OR1-37, 2013

    THE SOCIETY FOR REPRODUCTION AND DEVELOPMENT

Codes

Page Top