水素化物中性子吸収材を用いた革新的高速炉炉心の研究:(2)Gd重水素化物バーナブルポイズン装荷炉心の特性評価  [in Japanese] Utilization Research and Development of Fast Reactor Core with Hydride Neutron Absorber:(2) Evaluation of Core Characteristics by Gd Deuteride Burnable Poison in Large Fast Reactor  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

ガドリニウム含有ジルコニウム水素化物をバーナブルポイズンとして高速炉に適用した炉心と従来型の炉心の特性を解析・評価し、炉心仕様・特性の比較を行った。燃焼反応度は本炉心で大幅に減少するため、制御棒価値は小さくても成立見通しがある。また安全性にかかわるボイド反応度及びドップラ係数は大幅に安全側にシフトする。従って、燃焼反応度の抑制により過剰反応度が大きく低減できる炉心は、反応度係数の観点から事故時安全性が大きく向上できるため、定格運転時の設計余裕を従来炉心並みとすることで、制御棒削減による経済性の向上と安全性の向上を両立できる実用化に適切な革新的炉心であると評価できる。<br>

Journal

  • Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2012f(0), 178, 2012

    Atomic Energy Society of Japan

Codes

Page Top