ヴィルト2彗星粒子中のケイ酸塩鉱物及びSi-Oガラス:TEM による研究 Silicate minerals and Si-O glass in comet Wild2 samples: Transmission electron microscopy

Access this Article

Author(s)

Abstract

スターダスト探査機が地球に持ち帰ったヴィルト2彗星試料をTEMにより精査した.ケイ酸塩に富む試料のかんらん石の化学組成は,試料間また各試料中の粒子間で大きな異なり,ヴィルト2試料の熱変成度が極めて低いことを意味する.輝石は3つのケイ酸塩に富む試料全てに含まれているが,Caに乏しい輝石は斜方及び単斜エンスタタイト両方が存在し,ヴィルト2粒子にはケイ酸塩形成時の冷却過程が非常に異なるものが混在することを示唆する.ケイ酸塩に富む試料の一つは,輝石に富むコア,Mg, Feを含むSi-Oガラスからなる内部リム,融けたエアロジェルからなる外部リム,という累体構造を持つ.これはヴィルト2の輝石粒子がエアロジェルに突入時の加熱により一部が融け,融けたエアロジェルと混ざり合ってできたと考えられる.

Journal

  • Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 55(0), 175-175, 2008

    GEOCHEMICAL SOCIETY OF JAPAN

Codes

Page Top