堆積物中のヒ素の化学状態および水―堆積物間の分配係数に基づくバングラデシュ中東部ショナルガオ地域におけるヒ素汚染地下水の分布の解釈 The controlling factors of spatial distribution of As-contaminated groundwater in Sonargaon, Bangladesh. -An approach by speciation and solid-water partitioning experiment using cored sediment-

この論文にアクセスする

著者

抄録

ヒ素による地下水汚染は、近年世界の各地で発見されている。他の微量有害元素と比較して、ヒ素がとりわけ問題視されるのは、天然由来のヒ素による汚染と考えられる事例が多いためである。ヒ素は、汚染地域においても堆積物中の濃度は地殻の平均レベルであり、かつ安定同位体を持たないことなどから、堆積物中の濃度・同位体分布から水―岩石反応の履歴を追うのが難しい元素である。そこで我々は、堆積物中のヒ素の化学形態に着目し、X線吸収微細構造(XAFS)や選択的抽出法を用いた堆積物中のヒ素の化学状態の把握、および室内実験に基づく堆積物―水間のヒ素の分配係数に基づき、汚染地下水の空間分布を支配している化学的プロセスの解明に焦点を当てて研究を行ってきた。

収録刊行物

  • 日本地球化学会年会要旨集

    日本地球化学会年会要旨集 55(0), 383-383, 2008

    一般社団法人日本地球化学会

各種コード

ページトップへ