中山間地域における将来の移動手段の不安に関する要因分析 A Study on Anxiety of The Future Mobility in Mountainous Area

この論文にアクセスする

著者

    • 田尾 圭吾 TAO Keigo
    • 岡山大学大学院環境生命科学研究科 Graduate School of Environmental and Life Science, Okayama University

抄録

<tt>中山間地域では、民間バスの不採算路線の廃止・減便などの問題が顕在化しつつあり、各自治体により公共交通再編に向けた取り組みが行われているものの、充分なバスサービスを提供することは困難な状況にある。自動車を利用すれば往復</tt>1<tt>時間程度で通院・買物ができるにも関わらず、バスを利用する</tt>1<tt>日がかりになる地域も存在する。そこで本研究では、バス利用者・非利用者別に、アクセシビリティや個人属性、バスサービス評価等、どのような要因から将来の移動手段に対する不安を感じているのかを把握した。その結果、バス利用者・非利用者ともに、将来の移動手段の不安にはアクセシビリティの違いが大きく影響を及ぼしており、将来住民が安心してバスを利用するためにも、将来の移動手段に対する不安を減少させていくことが重要であることが示された。</tt>

In mountainous areas, issues such as taking off and reducing service of unprofitable routes of bus are becoming actualized, though efforts to public transport restricting is being carried out by each municipality, it is difficult to provide adequate bus service. Region that in spite can go to hospital and shopping about an hour round trip by using a car become a day-long in the case of using the bus is present. In this study, the bus users and non-users by, we subject to factor analysis to the anxiety of the future mobility, by using personal attributes and accessibility, bus service evaluation. As a result, both bus users and non-users, the difference of accessibility has significantly affect the anxiety of the future mobility, it is also in order to take the bus residents with peace of mind in the future, to reduce the anxiety of the future mobility is important has been shown.

収録刊行物

  • 交通工学論文集

    交通工学論文集 1(2), A_165-A_171, 2015

    一般社団法人 交通工学研究会

各種コード

ページトップへ