ピルジカイニドで誘発されアブレーションし得た発熱誘発性心室頻拍の1例  [in Japanese] A case of fever-induced ventricular tachycardia triggered by Pilsicainide  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 古山 史晃 Furuyama Fumiaki
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科学部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 三好 史人 Miyoshi Fumito
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科学部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 渡辺 則和 Watanabe Norikazu
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科学部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 箕浦 慶乃 Minoura Yoshino
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科学部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 安達 太郎 Adachi Taro
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科学部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 丹野 郁 Tanno Kaoru
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科学部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 小林 洋一 Kobayashi Yoichi
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科学部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 浅野 拓 Asano Taku
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科学部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 千葉 雄太 Chiba Yuta
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科学部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 川崎 志郎 Kawasaki Shiro
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科学部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 大西 克実 Onishi Yoshimi
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科学部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 大沼 善正 Onuma Yoshimasa
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科学部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 菊地 美和 Kikuchi Miwa
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科学部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 伊藤 啓之 Ito Hiroyuki
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科学部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine
    • 小貫 龍也 Onuki Tatsuya
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科学部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University School of Medicine

Abstract

症例は11歳, 男児. 生来健康. 心奇形なし. 4歳より37°C以上の発熱時に左脚ブロック下方軸, 心拍数170-200回/分の持続性心室頻拍を繰り返し, ベラパミル投与と解熱により停止していた. 5歳時に心臓電気生理学的検査を施行. 心室頻拍は心室プログラム刺激, イソプロテレノール負荷, 硫酸アトロピン投与では誘発されなかった. プロプラノロールを内服したが発作を繰り返したため, 10歳48kgのときに心臓電気生理学的検査を再施行. ピルジカイニド25mg投与したところ心拍数210回/分の心室頻拍が自然発生した. 誘発された心室頻拍は右室流出路自由壁側中下部が最早期のfocalパターンであり, 機序としてマイクロリエントリーが想定された. 同部位からの通電中に心室頻拍の周期は延長し, 洞調律に復帰した. 以降, 発熱による心室頻拍は認めていない.

Journal

  • Shinzo

    Shinzo 46(4), 530-535, 2014

    Japan Heart Foundation

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005060563
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0586-4488
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top