標準地域3次メッシュを用いた日本の国土の土地利用の変化と人口・世帯変化の観察と類型化:都市的土地利用に着目して  [in Japanese] Observation and categorization of land use and population/ household change in whole Japanese land by using third standard grid cell data.:Focusing on urban land use  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

日本では人口減少期が始まり、人口増加を想定して作成されてきた土地利用政策は見直しを必要としている。新しい土地利用政策の策定には、土地利用と人口変化についての基礎的な空間データが必要である。しかし、日本全国を網羅し、かつ、人口の変化と土地利用の変化を連動させた空間分析は十分に行われていない。一方、国土の空間情報は国土数値情報の整備などを通して充実してきている。この論文は、標準地域3次メッシュを用いて、人口変化、あるいは世帯数変化と土地利用変化を連動させ、縮退傾向、集約傾向、安定傾向、拡大傾向、拡散傾向を国土全域にわたり観察するものである。この結果、それらの傾向は、大都市内部では安定傾向が強いものの、その周辺には、様々な傾向がモザイクのように分布している様子が把握できた。

It has begun the period of shrinking population in Japan. The traditional land use policy, which is made under the growing situation, should be changed to a new one. For the development of a new policy, a basic spatial data combined with land use and population changes is needed. In this paper the spatial distribution of the trend of shrinking, spreading, expanding and compacting in the form of third grid cell data is shown as the result of the calculation by using the population data and the land use data.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 50(1), 107-117, 2015

    The City Planning Institute of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005065964
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10276504
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0916-0647
  • NDL Article ID
    026821008
  • NDL Call No.
    Z3-992
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top