なぜ図書館はLinked Dataに取り組むのか 欧米の事例から Why do many libraries challenge Linked Data? : From the cases of European and American libraries

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

図書館のLinked Dataの取り組みに関する意義と背景を,欧米の大学図書館や国立図書館が行っている先駆的な事例を概観することで整理する。図書館による取り組みの背景は,「公共機関のオープンデータとして」の側面と「セマンティックWeb時代の書誌コントロールとして」の側面に分けて考えられる。前者はEuropeanaの取り組みによく表れており,オープンガバメントの流れの中で推進され,その範囲にオープン化したデータの利活用の促進を含むという特徴をもつ。他方,図書館独自の側面である後者は,英国全国書誌のLinked Data化の取り組みや米国議会図書館による各種コード類や典拠データのLinked Data化の取り組みが代表例である。特に,米国議会図書館の取り組みは書誌情報をLinked Dataで作成するためのメタデータ語彙の開発といえる。

This paper shows why many libraries challenge and exploit Linked Data, through the pioneering cases of the academic and national libraries in Europe and USA. These library's challenges seem to have two contexts, "Open Data of Public Sectors" and "Bibliographic Control in the Semantic Web Era". The former is promoted in the movement of the Open Government, and its example is the Linked Data activities of Europeana. The latter context is applied to libraries only. And its examples are "Linked Open BNB (British National Bibliography)" by the British Library and "Linked Data Service: Authorities and Vocabularies" by the Library of Congress (LC). Especially, LC's case means to construct metadata vocabularies for the cataloging based on Linked Data.

収録刊行物

  • 情報管理

    情報管理 58(2), 127-134, 2015

    国立研究開発法人 科学技術振興機構

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005066905
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116534
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0021-7298
  • NDL 記事登録ID
    026358888
  • NDL 請求記号
    Z14-375
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ