タブレット端末を活用した協働学習を初めて受けた学習者が感じる"楽しさ"への一考察  [in Japanese] A Consideration on Learner Consciousness in Collaboration Learning by Tablet Computer for the First Time  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

タブレット端末を活用した協働学習を初めて受けた学習者は,どのような点で学習活動を「楽しい」と感じるかを明らかにするため,量的・質的研究法を統合し,1つの研究のなかで同時かつ補完的に扱うことを目的としたトライアンギュレーション混合研究法を試みた。その結果,学習者らは「それぞれの学習者の考えを電子黒板上に提示することで自他の考えを可視化し,友達の考えを共有・比較できたこと」「普段使用していないタブレット端末を使用することができたこと」によって「楽しい」と感じていたことが明らかになった。加えて,タブレット端末が持つ様々な機能は,学習者の潜在的な興味・関心を引き付ける可能性を示唆した。

We tried triangulation mixed methods research to make clear what point children who had collaboration learning by tablet computer for the first time found the lesson interesting. In the result, children found it interesting by sharing and comparing self-other ideas on an interactive whiteboard and using tablet computer which they did not use usually. In addition, various functions of tablet computer had the possibility to create the hidden interest for children.

Journal

  • Computer & Education

    Computer & Education 37(0), 73-78, 2014

    CIEC

Codes

Page Top