北欧における初等中等教育の情報化:―学校教育1:1/BYOD政策とその背景― The characteristics of ICT use in elementary secondary education in Scandinavian countries:―Background & trends of 1:1/BYOD policy in school education―

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

スマートフォンやタブレット機材の普及は初等中等教育の情報化政策に1:1(one to one)の方向性をもたらした。北欧3国は1:1を積極的に志向しているものの,その背景や実態は各国で異なっている。総じていえば,北欧の教育情報化は学習者中心の文具的活用が目指されており,授業場面以外でも日常的かつ広範に利用されているため,教師側の負担感が少ないといえる。

Diffusion of smartphones and tablet PCs brought "1:1 one to one device" policy in world elementary secondary education. Though Scandinavian three countries support this policy positively, each background and current status is much different. This article summarizes results from field study in several years and statistical reports by OECD research. In general, Scandinavian schools aim ICT use to be learners-centric as a stationery.

収録刊行物

  • コンピュータ&エデュケーション

    コンピュータ&エデュケーション 37(0), 29-34, 2014

    一般社団法人 CIEC

各種コード

ページトップへ