リハビリテーション目的での持続末梢神経ブロックの問題点―症例報告と文献的考察― Controversial points of continuous peripheral nerve blocks for rehabilitation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

持続末梢神経ブロックは,関節手術や開腹・開胸手術など高侵襲手術の術後や,リハビリテーションなどで長期間の鎮痛を必要とする場合に行われる.長期間のカテーテル留置により,先端の位置異常や事故抜去による効果不良,刺入部からの薬液漏れなどの問題が起こってくる.われわれは,リハビリテーションを目的とした持続末梢神経ブロックを行い,先端の位置異常や事故抜去を経験した.カテーテルの固定方法を改良すること(刺入部の針糸固定と医療用接着剤,ドレッシング剤の併用)で,長期間のカテーテル留置が可能となった.リハビリテーションにおける持続末梢神経ブロックでは,カテーテルの挿入方法と挿入部位,さらに固定方法に工夫が必要である.

Continuous peripheral nerve blocks (CPNBs) have been used for postoperative analgesia following invasive surgery. It also improves rehabilitation after surgery. The long-term catheterization leads to a variety of problems, including accidental withdrawal of the catheter, displaced catheter, and leakage of the local anesthetic around the catheter. We experienced some issues when we performed CPNBs for rehabilitation. Improvement of catheter fi xation (the combination of securing with sutures, surgical adhesive, and occlusive dressing) enabled long-term catheterization. We must improve methods and positions of catheter insertions and methods of catheter fi xation when using CPNBs for rehabilitation.

収録刊行物

  • 日本ペインクリニック学会誌

    日本ペインクリニック学会誌 22(2), 119-122, 2015

    一般社団法人 日本ペインクリニック学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005083672
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10440947
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1340-4903
  • NDL 記事登録ID
    026575794
  • NDL 請求記号
    Z19-B321
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ