資源節約技術の国際比較:OECD産業連関表を用いて  [in Japanese] A Comparative study on resource saving technology based on OECD I-O database  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年の原油高騰を受けて,2006年3月16日に主要8か国エネルギー担当大臣会合がモスクワで開かれました.その議長声明では「安定的なエネルギー供給が世界経済の発展に重要な役割を果たす」と強調されました. 原油価格は,1991年の湾岸戦争時を例外として,1980~90 年代は比較的安定的に推移してきました.しかし2000年になると,原油価格は上昇に転じ,直近(2006年4月末)では1バレル70ドルの歴史的な高値になっています.石油ショック以来,資源節約技術の開発に努めてきた日本経済ですが,このまま原油価格高騰が続けば,好調な日本経済に水を差すことになります.そこで本稿では,OECD 産業連関表データベースを用いて,先進工業国で,輸入天然資源の節約がこの30年間にどの程度進んだのかを,いくつかの側面から検討してみることにします.

Journal

  • Input-Output Analysis

    Input-Output Analysis 14(2), 41-53, 2006

    Pan Pacific Association of Input-Output Studies

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005084120
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1058314X
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1341-9803
  • NDL Article ID
    8059550
  • NDL Source Classification
    ZD11(経済--経済学)
  • NDL Call No.
    Z3-2791
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top