13項目7件法 sense of coherence スケール日本語版の基準値の算出 Nationally representative score of the Japanese language version of the 13-item 7-point sense of coherence scale

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<b>目的</b> 健康保持・ストレス対処力概念である sense of coherence (SOC)に関する研究は近年増加しており,介入研究のアウトカム指標として用いられる例も多くなってきている。その一方で SOC スケール日本語版は標準化が行われていない現状にある。そこで全国代表サンプルデータを用いて13項目 7 件法版 SOC スケール日本語版の基準値を得ること,すなわち,性・年齢別の得点分布,居住地域および都市規模とスケール得点との関係を明らかにすることを本研究の目的とした。<br/><b>方法</b> 日本国内に居住する日本人で居住地域,都市規模,年齢,性別による層化 2 段抽出により2014年 1 月 1 日現在で25歳から74歳の男女4,000人を対象とした。2014年 2 月から 3 月にかけて自記式質問紙による郵送留置法を実施し,2,067票を回収した(回収率51.7%)。分析対象者は男性956人,女性1,107人,平均年齢(標準偏差(SD))は50.0(14.3)歳であった。<br/><b>結果</b> SOC スケールの平均(SD)得点は59.0(12.2)点であった。性別では,男性59.1(11.8)点,女性58.9(12.5)点で男女間で有意差はみられなかった(<i>P</i>=0.784)。年齢階層別の検討では,一元配置分散分析の結果有意(<i>P</i><0.001)となり,多重比較の結果概ね高い年齢階層であるほど高い SOC 得点であることが明らかになった。SOC を従属変数,居住地域(11区分),都市規模(4 区分)およびその交互作用項を独立変数とし年齢を共変量とした共分散分析の結果,いずれも有意な関連はみられなかった。<br/><b>結論</b> 本研究を通じて,日本国内に在住する日本人集団を代表する SOC スケール得点を得ることができた。また性差,地域差はみられず,年齢による影響がみられていた。本研究成果を基準値とすることで年齢などの影響を考慮した分析が可能になり,今後,SOC スケールの研究的・臨床的活用が期待される

<b>Objectives</b> The amount of research relating to evaluation of intervention programs with regard to sense of coherence, a concept of salutogenic stressor coping capacity, is increasing in Japan. However, a nationally representative score of the Japanese version of the sense of coherence scale has not yet been reported. The aim of this study was to describe the 13-item, 7-point Japanese sense of coherence scale (SOC-13), with scoring by sex and age group, and to examine the relationships between the score and locality and city size.<br/><b>Methods</b> Four thousand Japanese men and women were selected by stratified random sampling, and a cross-sectional, self-administered questionnaire survey was conducted using the placement method. Responses were obtained from 2,067 individuals (response rate: 51.7%). This study analyzed 956 men and 1,107 women (mean age [standard deviation]: 50.0 [14.3]).<br/><b>Results</b> The mean score on the SOC-13 was 59.0 (12.2) in all participants, 59.1 (11.8) in men, and 58.9 (12.5) in women. No significant difference was found between men and women (<i>P</i>=0.784). ANOVA and multiple comparison for age difference showed a clear relationship (<i>P</i><0.05) between higher age and a higher SOC-13 score. Moreover, the results of main and interaction effects in ANCOVA, with independent variables for locality (11 segments) and city size (four segments), were not significant when controlled for age.<br/><b>Conclusion</b> A nationally representative score for the Japanese SOC-13 was acquired. In future research, application of the SOC-13 in Japan for clinical studies is anticipated based on the nationally representative score.

収録刊行物

  • 日本公衆衛生雑誌

    日本公衆衛生雑誌 62(5), 232-237, 2015

    日本公衆衛生学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005084359
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189323
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0546-1766
  • NDL 記事登録ID
    026441088
  • NDL 請求記号
    Z19-216
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ