ボッシュの国際経営:グローバルな社内標準化と「創造型」海外子会社 International Management of Bosch:Global In-house Standardization and Innovation Creating Foreign Subsidiary<b> </b>

この論文にアクセスする

著者

抄録

本研究では、ボッシュのアジア3 国 (日本・韓国・インド) 拠点に対するインタビュー調査に基づいて、ボッシュの海外事業展開の実態を明らかにする。ボッシュでは、本国本社主導によるグローバルな社内標準化と海外子会社の育成によって、本国本社に集中していたグローバルR&D 機能およびマザー・プラント機能の一部を海外子会社が担うようになっている。

In this paper, based on interviews for the foreign subsidiaries of Bosch in three Asian countries (Japan, South Korea and India), some actual situations of overseas business of Bosch are clarified. In Bosch, the establishment of global in-house standardization and the development of foreign subsidiaries' capability have been done under the strong leadership of the home country headquarters. As a result, paradoxically, some foreign subsidiaries of Bosch began to play a global R&D function or a Mother-Plant function, which were entirely conducted by the home country headquarters only in the past.

収録刊行物

  • 赤門マネジメント・レビュー

    赤門マネジメント・レビュー 13(6), 209-234, 2014

    特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005084638
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1348-5504
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ