アメリカ,ワイオミング州のリューサイトヒルズ・ランプロアイト:―深部マントルに由来する異常マグマ―  [in Japanese] Ultrapotassic Magma from the Deep Mantle, Leucite Hills Lamproite, Wyoming USA  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 石川 晃 ISHIKAWA Akira
    • 東京大学大学院総合文化研究科宇宙地球科学教室 Department of Earth Science and Astronomy, The University of Tokyo
    • 河合 研志 KAWAI Kenji
    • 東京大学大学院総合文化研究科宇宙地球科学教室 Department of Earth Science and Astronomy, The University of Tokyo

Abstract

 アメリカ,ワイオミング州南西部に広がる平原には,300∼89万年前の溶岩に覆われたメサ・ビュート群が特徴的な景観をつくりだしている。リューサイトヒルズと称される一連の溶岩類は,その名が示す通りリューサイトを石基鉱物として含む珍しいマグマ活動により形成されており,ランプロアイトと呼ばれる岩石に分類される。ランプロアイトは地球上で最も不適合元素に富んだ始原的マグマであり,時にダイアモンドを産することからも,そのマグマ源はマントル深部に存在する。リューサイトヒルズ・ランプロアイトの放射性元素同位体組成は,海洋マントルに認められる範囲を大きく逸脱していることから,過去に交代作用を被った太古代-原生代大陸リソスフェアがその起源マントル物質の候補として考えられ,南方に位置するコロラド台地を形成した「リソスフェア落下イベント」により誘発されたマグマ活動であると推測される。

 The Leucite Hills province is an isolated volcanic field of 14 lava-capped mesas and buttes, creating an impressive landscape in southwestern Wyoming. The 3.0-0.89 Ma lavas form exotic rocks described as lamproites, which are regarded as the most potassic (< 13wt% K<sub>2</sub>O) and incompatible trace element-rich primitive magmas generated in the deep Earth. The radiogenic isotope signatures of Leucite Hills lamproites are well beyond the range of any known oceanic basalts, suggesting that the magma originated from ancient, volatile-rich anomalous mantle, recently reactivated by the convective removal of metasomatised lithosphere present at the margin of the Archean Wyoming Craton.

Journal

  • Journal of Geography (Chigaku Zasshi)

    Journal of Geography (Chigaku Zasshi) 124(3), 515-523, 2015

    Tokyo Geographical Society

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005087144
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00322536
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0022-135X
  • NDL Article ID
    026597973
  • NDL Call No.
    Z15-169
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top