科学はどこまでオープンにできるか Prospects of open science

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

先進諸国は科学研究のオープンデータ化とアクセスの拡大を進めている。その背景には商業学術雑誌の価格高騰によるクローズ化と,先端研究の大規模化・高度化による追試の難しさがある。しかし,学術情報を無償公開すべきというのは非現実的である。情報の維持管理には大きなコストがかかり,そのライフサイクルを見通す必要がある。例として,学術論文を無償公開するオープンアクセス運動は低レベルの商業誌を生む結果に終わり,研究環境を悪化させた。有償も考慮した学術知識のオープン化を通して社会経済に役立つ仕組みづくりを真剣に考える必要がある。国際連携も視野に入れながら,学術情報のライフサイクルを維持できる施策が望まれる。

Major developed countries promote openness of, and increase access to scientific research data. Its major causes include the closedness of expensive academic journals from commercial publishers and the difficulty of replication studies due to larger scale and rapid advances of modern research. Freeing access to research data, however, is unrealistic: managing information incurs large cost and time and its life cycle must be considered. The open access movement against commercial publishers, for example, only bore low-quality open access journals, and consequently worsened our research environment. More needed is a thorough discussion on possible infrastructures to integrate scientific knowledge into the economic and social system through paid/free data access. The accession policy should consider international cooperation and the lifecycle of information.

収録刊行物

  • 情報管理

    情報管理 58(5), 353-360, 2015

    国立研究開発法人 科学技術振興機構

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005089814
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116534
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0021-7298
  • NDL 記事登録ID
    026616945
  • NDL 請求記号
    Z14-375
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ