均等色空間からRGB表色系への変換に起因する抽出誤りを防止した電子透かし法 Digital Watermarking Method Preventing Extraction Error Caused by Transformation from Uniform Color Space to RGB Color Space

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 岩田 基 IWATA Motoi
    • 大阪府立大学 工学研究科 知能情報工学分野 Graduate School of Engineering, Osaka Prefecture University
    • 江口 健太 EGUCHI Kenta
    • 大阪府立大学 工学研究科 知能情報工学分野 Graduate School of Engineering, Osaka Prefecture University
    • 黄瀬 浩一 KISE Koichi
    • 大阪府立大学 工学研究科 知能情報工学分野 Graduate School of Engineering, Osaka Prefecture University

抄録

均等色空間とは,人の知覚的な色の違いと均等色空間での画素値の違いが一致するという特性を持つ色空間である.そのため,画素値の変更量と人の知覚との関係を数値化できることが大きな利点となる電子透かしの分野において,注目されてきた.しかしながら,一般的な画像フォーマットであるRGB表色系と均等色空間は非線形な式によって変換される上に,RGB表色系は整数値で表現されるため丸め誤差が生じ,透かしを正しく抽出できない場合があった.この問題に対処した方法として丸め誤差が生じない画素値のみを保持するテーブルを用いた手法がある.この手法では,丸め誤差による誤抽出の防止には成功したものの,透かしの埋め込み処理に要する時間が膨大であることや探索方法を原因とする誤抽出が生じるという問題があった.本論文では,探索方法の改善と表色系変換テーブルの分割により,処理の高速化と誤抽出の完全な防止を実現する.そして,従来の方法に関する問題点や,提案法の性能について,実験により明らかにする.

Uniform color space is a color space matching with human visual system. Therefore many digital watermarking method employed it. However, watermark bits are not always correctly extracted if the RGB values transformed from uniform color space are adjusted to integer values by rounded-up although this procedure is often employed. It is because the transformation from uniform color space to RGB color space is non-linear. The proposed method solves this problem by using color transformation table. Moreover, the proposed method improves processing speed by changing search procedure and dividing color transformation table appropriately. Experimental results clarify the problem of existing methods and the performance of the proposed method.

収録刊行物

  • 日本画像学会誌

    日本画像学会誌 54(4), 284-291, 2015

    一般社団法人 日本画像学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005092035
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1137305X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1344-4425
  • NDL 記事登録ID
    026679937
  • NDL 請求記号
    Z16-554
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ