リウマチ・膠原病とHLA HLA and autoimmune rheumatic diseases: association studies in Japan and recent progress in research

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 土屋 尚之 Tsuchiya Naoyuki
    • 筑波大学・医学医療系・分子遺伝疫学研究室 Molecular and Genetic Epidemiology Laboratory, Faculty of Medicine, University of Tsukuba
    • 川﨑 綾 Kawasaki Aya
    • 筑波大学・医学医療系・分子遺伝疫学研究室 Molecular and Genetic Epidemiology Laboratory, Faculty of Medicine, University of Tsukuba
    • 岡 笑美 Oka Shomi
    • 筑波大学・医学医療系・分子遺伝疫学研究室|国立病院機構相模原病院・臨床研究センター Molecular and Genetic Epidemiology Laboratory, Faculty of Medicine, University of Tsukuba|Clinical Research Center for Allergy and Rheumatology, Sagamihara Hospital, National Hospital Organization
    • 古川 宏 Furukawa Hiroshi
    • 筑波大学・医学医療系・分子遺伝疫学研究室|国立病院機構相模原病院・臨床研究センター Molecular and Genetic Epidemiology Laboratory, Faculty of Medicine, University of Tsukuba|Clinical Research Center for Allergy and Rheumatology, Sagamihara Hospital, National Hospital Organization

抄録

1973年の強直性脊椎炎とHLA-B27の関連の発見以来,40年以上にわたり,<i>HLA</i>遺伝子群は,リウマチ・膠原病において最も確立した病因的因子であり続けている。これまで,多くの関連研究や分子機構を探る研究が積み重ねられ,その時代の先端的解析法を駆使して,多くの知見が明らかになるとともに,それ以上の新たな疑問が産み出されてきた。本稿では,代表的なリウマチ性疾患・膠原病および類縁疾患について,日本人集団を中心に関連研究の成果をまとめるとともに,リウマチ性疾患に関するHLA研究の最近の進歩について概説する。

Since the discovery of association between ankylosing spondylitis and <i>HLA-B27</i> in 1973, <i>HLA</i> genes have been the most established causal factors for autoimmune rheumatic diseases. Numerous association studies as well as studies on the molecular mechanisms using cutting-edge methodologies of the time revealed a large amount of information, and even larger amount of new questions. Here we review the association data in Japan, and also introduce recent progress in HLA research, on the major autoimmune rheumatic diseases.

収録刊行物

  • 日本組織適合性学会誌

    日本組織適合性学会誌 22(2), 74-83, 2015

    日本組織適合性学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005093504
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    2186-9995
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ