頭蓋底脊索腫に対する重粒子線 (炭素イオン線) 治療 Heavy Ion (Carbon Ion) Radiotherapy for Skull Base Chordomas

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 長谷川 安都佐 Hasegawa Azusa
    • 放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院 Research Center Hospital for Charged Particle Therapy, National Institute of Radiological Sciences
    • 小藤 昌志 Koto Masashi
    • 放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院 Research Center Hospital for Charged Particle Therapy, National Institute of Radiological Sciences
    • 高木 亮 Takagi Ryo
    • 放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院 Research Center Hospital for Charged Particle Therapy, National Institute of Radiological Sciences
    • 長縄 憲亮 Naganawa Kensuke
    • 放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院 Research Center Hospital for Charged Particle Therapy, National Institute of Radiological Sciences
    • 伊川 裕明 Ikawa Hiroaki
    • 放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院 Research Center Hospital for Charged Particle Therapy, National Institute of Radiological Sciences
    • 岸本 理和 Kishimoto Riwa
    • 放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院 Research Center Hospital for Charged Particle Therapy, National Institute of Radiological Sciences
    • 辻 比呂志 Tsuji Hiroshi
    • 放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院 Research Center Hospital for Charged Particle Therapy, National Institute of Radiological Sciences
    • 鎌田 正 Kamada Tadashi
    • 放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院 Research Center Hospital for Charged Particle Therapy, National Institute of Radiological Sciences

抄録

 頭蓋底部の脊索腫は胎生期の脊索の遺残組織より発生するまれな腫瘍である. 治療の第一選択は手術だが, 重要臓器と近接している場合, 完全摘出は困難である. このような症例に対して, 術後放射線治療が行われる. <br> 放射線医学総合研究所では1994年から重粒子線 (炭素イオン線) 治療が開始された. 炭素イオン線はほかのイオン種や光子線と比較して, 強い生物学的効果と良好な線量分布を併せ持つ. そのため, 放射線抵抗性腫瘍に対する効果が確認されている. 1995年5月~2012年1月まで, 50例の頭蓋底脊索腫に対して炭素イオン線治療が行われた. 本稿では, 放射線医学総合研究所で炭素イオン線治療が行われた頭蓋底脊索腫の成績について概説する.

  Skull base and paracervical chordomas are rare tumors originating from ectopic remnants of the embryonal notochord at the spheno-occipital synchondrosis. Although the first choice of treatment is surgical resection, complete resection is difficult due to the tumors' close proximity to the critical organs. Thus, the residual tumor is treated with radiotherapy.<br>  Heavy ion (carbon ion) radiotherapy was initiated at the National Institute of Radiological Sciences in 1994. Carbon ions have a high relative biological effectiveness (RBE) and a favorable dose distribution compared with other ion species and photons. Therefore, carbon ion radiotherapy has shown promising results for radioresistant tumors. Between May 1995 and January 2012, a total of 50 patients with skull base or paracervical chordomas have been treated with carbon ion radiotherapy.<br>  This paper describes our efforts to estimate the outcome of carbon ion radiotherapy for patients with skull base and paracervical chordomas.

収録刊行物

  • 脳外誌

    脳外誌 24(8), 528-534, 2015

    日本脳神経外科コングレス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005094978
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0917-950X
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ