関東平野南部における光化学オキシダント高濃度域と海風との関係 Relationships between High Concentration Area of Photochemical Oxidants and Sea Breeze in the Southern Kanto Plain

この論文にアクセスする

著者

    • 中島 虹 Nakajima Ko
    • 首都大学東京大学院都市環境科学研究科地理環境科学域 Graduate school of Urban Environmental Science, Tokyo Metropolitan University
    • 高橋 日出男 Takahashi Hideo
    • 首都大学東京大学院都市環境科学研究科地理環境科学域 Graduate school of Urban Environmental Science, Tokyo Metropolitan University

抄録

関東平野南部における光化学オキシダント(Ox)高濃度域と海風風系との関係を解析した。まず、1990年から2011年の7、8月における海風日を抽出した。Ox日最高濃度に対する主成分分析により、海風日を領域全体でOx日最高濃度が高く、かつその濃度が北側で高い日をType 1、南側で高い日をType 2とした。Type 1では相模湾や東京湾からの海風前線はType 2と比較して早い時刻に侵入した。Type 1、2とも、Ox高濃度域は下降流に伴う上空からのOx供給が考えられる海風前線の内陸側に位置した。海風前線が通過した地域では負のOx移流量を示し、海側から低いOx濃度の空気が供給された。そのため、いずれの場合も日最高Ox濃度の出現時刻は内陸ほど遅れる傾向にあり、Ox高濃度域は海風前線より内陸に位置したが、Ox高濃度域の位置は海風前線の侵入の遅速により異なった。Ox高濃度域は海風前線の侵入が速やかなType 1では対象領域北部に、遅延するType 2ではType 1よりも南側に現れた。Type 1の沿岸付近では、速やかな海風の侵入によりOx濃度の上昇が抑制されたと考えられた。以上から、Ox日最高濃度の分布には、関東平野南部の海風風系の違いによる海風前線侵入の遅速が関わっていることが明らかにされた。

The appearance of a high concentration area of the photochemical oxidant (Ox) over the Kanto Plain was evaluated in terms of the sea breeze system. The sea breeze days, in a which southerly wind developed in the southern Kanto Plain, were selected during July–August of 1990–2011. A principal component analysis was used to explain the distribution of the daily maximum Ox concentration. The sea breeze days were classified as Type 1 and Type 2, wherein the area of the high Ox concentration developed in the northern and southern regions, respectively. The inland penetration of the sea breeze from Sagami Bay and Tokyo Bay of the Type 1 occurred earlier than that of Type 2. The easterly wind suggested to have originated from Kashimanada developed in the northeast region of Type 2. The high Ox concentration area was located in front of the sea breeze front that was supplied with Ox by the upper air in both types. The Ox advection was negative when the sea breeze front passed. The time of the daily maximum inland Ox concentration tended to be later than that in the southern region for both types. These results indicated that the daily maximum Ox concentration is influenced by the speed of the inland penetration of the sea breeze.

収録刊行物

  • 大気環境学会誌

    大気環境学会誌 50(2), 92-99, 2015

    公益社団法人 大気環境学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005096959
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512108
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1341-4178
  • NDL 記事登録ID
    026234412
  • NDL 請求記号
    Z16-490
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ