自動車用AR(Augmented Reality)表示装置の視覚情報受容における優位性解析  [in Japanese] Analysis of Superiority in Visual Information Reception of Automotive Augmented Reality Interface Systems  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

前景のオブジェクト上に直接表示像を表示する自動車用AR表示装置は,他の自動車用表示装置と比べて非常に優れた認識応答性を示すことが明らかになっている.AR表示装置の優位性は,視線移動量,視距離調節量,前景エリアと表示装置のエリアの画角差による照合負荷が関わっているとされている.しかしながら,先行研究では,それら要因が詳細に解析できないため,どの条件がどの程度認識応答性に影響を及ぼすかが明確に示されておらず,さらに実際の自動車環境を想定した視野範囲におけるAR表示装置の優位性も検証されていない.本研究では,視野範囲や俯角,視距離の設定など,より詳細に解析するための条件を整えてAR表示装置を比較評価し,視覚情報受容のモデルを考察した.

Journal

  • The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers

    The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers 69(10), J286-J291, 2015

    The Institute of Image Information and Television Engineers

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005098856
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1342-6907
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top