頭皮マッサージの生理的,心理的指標に及ぼす効果 Effects of Scalp Massage on Physiological and Psychological Indices

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 島田 邦男 Shimada Kunio
    • 日油株式会社 研究本部|人間総合科学大学大学院 人間総合科学研究科 Corporate R&D Division|Graduate Division of Human Arts and Sciences, Graduate School of University of Human Arts and Sciences
    • 中野 博子 Nakano Hiroko
    • 人間総合科学大学大学院 人間総合科学研究科 Graduate Division of Human Arts and Sciences, Graduate School of University of Human Arts and Sciences
    • 大東 俊一 Daito Shun-ichi
    • 人間総合科学大学大学院 人間総合科学研究科 Graduate Division of Human Arts and Sciences, Graduate School of University of Human Arts and Sciences

抄録

頭皮マッサージのストレスや快適感に及ぼす影響を生理学的指標,心理学的指標を用いて検討した。その結果,頭皮マッサージにより,唾液中のコルチゾール濃度は有意に低下し,分泌性免疫グロブリンA濃度は有意に上昇した。Visual Analogue Scale(VAS)を用いた検討では頭皮マッサージの前後で身体的疲労の軽減,リラックス度の上昇が認められ,POMS短縮版ではネガティブな感情を示す指標の低下が認められた。ストレスに関連した唾液成分濃度の測定およびVASやPOMS短縮版の結果から,頭皮マッサージにはストレスを軽減させる作用や快適性を向上させる作用があることが示唆された。

We examined the effects of scalp massage in reducing stress and augmenting comfort by using physiological and psychological indices. Scalp massage was found to significantly decrease the cortisol level in saliva and significantly increase the level of secretory immunoglobulin A (sIgA). In a test that used the Visual Analogue Scale (VAS), scalp massage was found to lower physical fatigue scores while increasing relaxation scores. Scalp massage also lowered the scores related to negative feelings in the Profile of Mood States-Short Form (POMS-SF). The salivary stress biomarkers and VAS and POMS-SF tests suggested that scalp massage is effective for improving comfort and reducing stress.

収録刊行物

  • 日本化粧品技術者会誌

    日本化粧品技術者会誌 47(3), 202-208, 2013

    日本化粧品技術者会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005099434
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00101606
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0387-5253
  • NDL 記事登録ID
    024914914
  • NDL 請求記号
    Z17-820
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ