住区基幹公園に対する環境価値意識の構造化と心理・経済的価値評価 Structuring awareness of the environmental value of community parks and assessing their psychological and economical value

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

住区基幹公園の環境価値形成における行動の影響を把握するために,東京区部の 6公園に対して住民意識調査を実施し,利用者の環境価値意識に関する構造化(SEMモデル)および心理的指標と経済的指標を用いた価値評価を実施した。その結果,SEM モデルから住区基幹公園に対する環境価値が行動の影響を強く受けることが明らかになり,利用者を分類した行動クラスターの比較から行動の多様化が環境価値を高めることが心理・経済的評価の両面において示唆された。地区公園と近隣公園を比較すると,この効果は公園の大きさに関係なく見られ,公園の価値を高めるためには,行動を多様化する質的配慮が有効であると考えられた。

To understand the effects of activities on community parks' environmental value, we conducted a survey on residents' awareness of six parks in urban Tokyo; then, we constructed a user awareness model of community parks' environmental value by structural equation modeling (SEM) and assessed the value by psychological and economic indices. SEM revealed that community parks' environmental value is strongly affected by activities. A comparison of user clusters by activity suggested that diversification of activities enhances the parks' environmental value for users both psychologically and economically. This effect was found regardless of park size. We conclude that qualitative measures promoting the diversification of activities are effective in enhancing the parks' value.

収録刊行物

  • 日本緑化工学会誌

    日本緑化工学会誌 40(1), 96-101, 2014

    日本緑化工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005099790
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10130633
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0916-7439
  • NDL 記事登録ID
    025768980
  • NDL 請求記号
    Z18-1223
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ