Papillary Muscle起源の心室期外収縮に対しCARTO SOUNDを使用したカテーテルアブレーションが奏効したCPAの1例  [in Japanese] CPA case that catheter ablation used CARTO SOUND System was effective to the origin of premature ventricular contraction triggered from the papillary muscles  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 宗次 裕美 Munetsugu Yumi
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University
    • 渡辺 則和 Adachi Taro
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University
    • 安達 太郎 Asano Taku
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University
    • 浅野 拓 Kobayashi Yoichi
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University
    • 丹野 郁 Tanno Kaoru
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University
    • 川崎 志郎 Kawasaki Shiro
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University
    • 大沼 善正 Kikuchi Miwa
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University
    • 菊池 美和 Ito Hiroyuki
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University
    • 伊藤 啓之 Onuki Tatsuya
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University
    • 小貫 龍也 Miyoshi Fumito
    • 昭和大学医学部内科学講座循環器内科部門 Division of Cardiology, Department of Medicine, Showa University

Abstract

症例は40台後半, 男性. 平成25年1月某日, 電車内でVFによりCPAとなった. 乗客, 駅員によりCPR施行され, AED計3回作動後心拍再開し当院救急搬送された. 緊急心臓カテーテル検査では, 冠動脈に有意狭窄認められず, 救命救急センターで低体温療法施行された. 入院後, VFの出現は認められなかったが, PVC, NSVTを頻回に認められたためEPS/アブレーション施行した. 入室時よりPVCが頻発していたが, 右室心尖部, 左室からのプログラム刺激ではVT/VFは誘発されなかった. PVCの最早期興奮部位は乳頭筋周囲であり, CARTO SOUNDを使用し乳頭筋を描出しペースマッピングを行った. 前乳頭筋, 後乳頭筋基部の周囲で良好なペースマッピングが得られたため, 同部位を中心にアブレーション施行し, その後プログラム刺激するもPVCは誘発されなくなった. 乳頭筋起源のPVCに対してCARTO SOUNDを使用しアブレーションを施行し, PVC/NSVTが誘発されなくなった症例を経験したので報告する.

Journal

  • Shinzo

    Shinzo 46(SUPPL.3), S3_154-S3_160, 2014

    Japan Heart Foundation

Codes

Page Top