災害後のコミュニティ移転に関する制度と移転のパターンに関する研究:インドネシアメラピ火山災害後の事例に着目して  [in Japanese] Community-driven post-disaster rebuilding policy and its relocation patterns: A case study of resettlement after the volcanic eruption of Mt. Merapi in Yogyakarta, Indonesia  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

土地利用規制と移転による住宅再建の組み合わせは,災害被害軽減策の一つとして途上国開発の文脈においても着目されるようになってきているが,このような土地利用規制による災害リスクのコントロール,特に災害後の移転に着目した研究はあまり行われておらず,様々なリスクを低減させる適切な計画論は構築されていない.その第一歩として,本稿は,ジョクジャカルタ近郊で発生したメラピ火山災害後のコミュニティ主導型の移転再定住を災害リスクの軽減という目的で支援するプログラムである「REKOMPAKプログラム」について分析を行い,このプログラムの利点や課題について報告するものである. 分析の結果,REKOMPAKは,様々な再定住に柔軟に適用され,プログラムの適用を受けた住民は移転を納得していることが明らかになった.さらに,効率的で効果的なREKOMPAKの運営には,コミュニティの参加とプログラムを積極的に進めていく自発的な意志,プログラムと現地事情に詳しいファシリテーター,プログラムの運営のための財源,が必要であることに加え,プログラムの適用対象コミュニティの特性や災害が発生したタイミングも影響することが明らかになった.

Controlling risk by utilizing land use planning – including relocation – has been identified as one of the most promising strategies to mitigate disaster risk within the current “build back better” dialogue. However, there are still few studies on post-disaster community relocation to reduce various risks. This paper focuses on the post-Merapi relocation case in Yogyakarta to examine how community-driven post-disaster rebuilding policy supports relocation after disasters. The study found that the flexible nature of the REKOMPAK program, adopted and upgraded in Indonesia since the 2004 Indian Ocean tsunami, allowed for five relocation land use patterns that were able to maintain traditional community conditions while successfully distancing residential areas from volcanic hazards.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 50(3), 431-437, 2015

    The City Planning Institute of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005107682
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10276504
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0916-0647
  • NDL Article ID
    026822118
  • NDL Call No.
    Z3-992
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top