台北市大稲埕における歴史保全ツールとしての容積移転の運用とプロセス:容積送出敷地の歴史的環境に与える影響に着目して  [in Japanese] The Operation and Process of Transfer of Development Rights as the Historic Conservation Tool in Dadaocheng, Taipei:Focusing on the Impact on the Historical Environment in Volume Sending Sites  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 柏原 沙織 Kashihara Saori
    • 東京大学大学院 工学系研究科 都市工学専攻|横浜市立大学 都市社会文化研究科 Department of Urban Engineering Faculty of Engineering, Univ. of Tokyo|Graduate School of Urban Social and Cultural Studies, Yokohama City University
    • 楊 惠亘 Yang Hui-Hsuan
    • 横浜市立大学 都市社会文化研究科 Graduate School of Urban Social and Cultural Studies, Yokohama City University
    • 窪田 亜矢 Kubota Aya
    • 東京大学大学院 工学系研究科 都市工学専攻 Department of Urban Engineering Faculty of Engineering, Univ. of Tokyo

Abstract

本研究は台北市大稲埕地区における歴史保全ツールとしての容積移転(TDR)について、2007年~2014年の運用プロセスとその変遷に着目して送出敷地への影響面から成果を評価し、今後の課題を明らかにすることを目的とする。研究方法としてTDRの制度及び運用プロセスについて関係者へのヒアリング調査の他、台北市及び国のTDR制度の発展について文献調査を行った。分析の枠組みとして歴史保全のハード的側面(質・量)、ソフト的側面(コンテンツ、社会経済組織)を設定し、それぞれの観点から影響要因を検討した。その結果、台北市大稲埕歴史風貌特定専用区のTDRにおける重要な要因として、歴史調査の義務付け、建物改修の5段階チェック、都市設計審議会の弾力的運営、柔軟な制度対応、容積ボーナスの5点が抽出された。特に容積ボーナスは強力なインセンティブとしてハード的側面の歴史保全に大きな成果を上げる一方、ソフト的側面の保全には課題が発生している。インセンティブ設計を容積ボーナスに頼っていたことが歴史保全において歪みを生じていると考えられ、容積ボーナスの再設計、容積以外のインセンティブの考案、規制の検討が必要である。

This paper tries to examine the achievements of transfer of development rights (TDR) system as a historic conservation tool operated in Dadaocheng, Taipei, and aims at evaluating the impact on sending sites and clarifying the future issues. Interviews and literature review were conducted to grasp the current situation, operational process, and the development of TDR system. By analyzing the achievements with the framework of hardware and the software side of historic conservation, five impact factors were extracted; historic survey as the prerequisite, five-step restoration checking, flexible operation in the urban design committee, flexible amendment on the system, and TDR bonus. While the TDR bonus is contributing to conserving historic buildings in terms of number and quality, the high profitability may have a large influence on the change in social tissue in the area. The paper concludes with the emphasis on necessity of the re-design of the incentive and regulation.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 50(3), 480-487, 2015

    The City Planning Institute of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005107687
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10276504
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0916-0647
  • NDL Article ID
    026822247
  • NDL Call No.
    Z3-992
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top