企業間取引ネットワークに基づく都市圏構造の特性:―日本全国のビッグデータを用いた網羅的実証―  [in Japanese] Peculiarity on Structure of Metropolitan Areas Based on Networks of Inter-firm Deals:- Comprehensive Demonstration All over Japan Using Big Data-  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 福田 崚 Fukuda Ryo
    • 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻/(株)帝国データバンク顧客サービス統括部先端データ分析サービス課 The University of Tokyo/TEIKOKU DATABANK, LTD.

Abstract

地方都市における都市圏レベルでの産業集積の形成の必要性が指摘されているが、産業クラスター論に基づいた既存の産業集積促進策は都市圏内立地の視点を欠いている。本稿では、都市圏内の企業立地の在り方に着目する。産業集積の成立の在り方について二つのモデル(中心地理論・基盤産業モデル)を提示した上で、全国の地方都市を都市規模に関わらず網羅的に扱い、それぞれのモデルに対応した企業の、都市規模・中心からの距離に依存した立地特性を明らかにする。この目的のため、(株)帝国データバンクが保有する企業間取引データを利用し、企業を販売・仕入の分布(都市圏内/外)により類型化を行い分析をした。結果として、以下のことが判明した。第一に、中心地理論に基づいた産業立地は卸・小売など特定業種に偏っており、都市の中心よりに形成されるものの、中心から2~4km程度離れた地域の方が取引は活発である。第二に、基盤産業モデルに基づいた産業立地は多様な産業で成立する可能性があり、都市圏人口100万人を超える大都市では中心への集中が見られるものの、それを下回る都市では郊外部に集まっている。

Importance to build industrial accumulations on the scale of metropolitan areas in order to develop provincial cities is indicated. However, current policies to promote industrial accumulations don't have the viewpoint of where to locate within metropolitan areas. In this paper the author presented two models of accumulations (central place theory and economic base model) and revealed peculiarity of location depending on distance from city centers analyzing the structure of deals between firms. In order to realize this, the author classified companies grounding on distribution (inter/outer the metropolitan area) of their selling and buying. As a result, while industrial accumulations based on central place model in any size of city are formed at city center, industrial accumulations based on core industry model are formed at far suburban areas except large cities populated more than one million.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 50(3), 560-567, 2015

    The City Planning Institute of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005107703
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10276504
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0916-0647
  • NDL Article ID
    026822407
  • NDL Call No.
    Z3-992
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top