介在機会モデルを導入したフロー捕捉型配置問題 Extending flow capturing location problems by incorporating the intervening opportunity model

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,人々が移動途中で施設に立ち寄る行動を,介在機会モデルに基づきモデル化し,Hodgsonのフロー捕捉型配置問題の拡張モデル(介在機会型FCLP)として定式化する.提案モデルを例題ネットワークに適用し,最適解の特徴を分析する.経路上で目にする施設に立ち寄る確率が小さい場合には,多くのフローが通過する頂点の周辺に施設が集中的に配置される傾向が確認され,HodgsonのFCLPからは判明し得ない新しい知見を提示することに成功した.提案モデルで記述可能な状況は,利用者が店舗に立寄るシナリオ以外にも様々な場面で現れる.ネットワーク上の人の流れや自動車交通流などを対象とし,違反者や潜在的な危険を発見・除去する状況や,店舗内のポスターの掲示場所の決定,チラシやティッシュ配りの人員の配置場所の決定などのように,ある確率で,情報を伝えられたり,発見・検出できたりするような構造をもつ問題へ応用することができる.

This paper extends Hodgson's flow-capturing location problems (FCLP) by introducing the intervening opportunity model. The original FCLP assumes that a flow traveling along an origin-destination path is captured when at least one facility is located on that path. However, having a facility on a path does not necessarily mean consuming services provided at the facility. To model this aspect, we introduce the probability that travelers drop by the facility each time they encounter the facility. An integer programming formulation is presented for the proposed model and apply it to a test network instance. Our results show that optimal locational patterns are different from those obtained from the FCLP. In the proposed model, facilities tend to be located in the central area of the network where many flows pass through.

収録刊行物

  • 都市計画論文集

    都市計画論文集 50(3), 622-627, 2015

    公益社団法人 日本都市計画学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005107714
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10276504
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0916-0647
  • NDL 記事登録ID
    026822604
  • NDL 請求記号
    Z3-992
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ