木材を活用した歩道拡幅社会実験による自動車交通と歩行行動への影響分析:名古屋市中区「長者町ウッドテラス」社会実験を例として  [in Japanese] Analysis on effect of sidewalk widening with wood deck on auto traffic and pedestrian behavior:Case Study of Social Experiments Called Choja-machi Wood Terrace  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

現在、日本では自動車需要の頭打ちや歩行環境改善のニーズの高まりから、道路空間の見直しの議論が進んでいる。特に近年では、歩行者や滞留者にとってより快適な空間形成やその運営方法への着目が高まりつつある。本研究は、名古屋市中区錦二丁目地区における歩道拡幅社会実験における交通実態調査を実施し、自動車交通への影響を分析するとともに、温熱環境や天候、歩行空間への木材活用による歩行空間の快適性や歩行者行動の分析を行うものである。分析の結果、1)歩道拡幅による車道狭窄は通過交通の走行速度低減に効果があること、2)季節変化による屋外気温や天候の変化は歩行行動と密接な関係があり、温熱環境のコントロールが歩行空間の快適性向上に寄与する可能性があること、3)歩行空間への木材の使用は都心部において自然や景観の代替として捉えられ、歩行環境の改善に大きく寄与する可能性があることが明らかとなった。

Road space reallocation is discussed in many Japanese cities from reaching a peak of automobile traffic demand and citizen’s needs of walkers. This study aims to discuss the effect of sidewalkwidening with wood deck on auto traffic and pedestrian behavior, with social experiments in Nishiki 2-chome district located in downtown Nagoya City as a case study. The analysis consist understanding about change of auto traffic and pedestrian behavior by the season and the weather with long-term traffic survey, and pedestrian needs to sidewalk design with interview survey. The result indicate that 1) roadway narrowing decrease velocity of through-traffics, 2)outside temperature and weather affects pedestrian root choice strongly, and 3)many walker feels positive about wood use on side walk as alternative of greens.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 50(3), 709-714, 2015

    The City Planning Institute of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005107730
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10276504
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0916-0647
  • NDL Article ID
    026822840
  • NDL Call No.
    Z3-992
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top