インフラ整備を目的とした容積売却による資金調達手法の導入過程と活用実態:ニューヨーク市ハドソンヤード特別地区におけるDIBを対象として  [in Japanese] The Introduction Process and Actual Conditions of Financing Infrastructure Projects using Development Rights Sales:A Case Study of District Improvement Bonus in Special Hudson Yards District  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ニューヨーク市は、地下鉄や公園といったインフラ整備の資金を容積売却によって調達するDistrict Improvement Bonus (DIB)をハドソンヤード特別地区で導入した。インフラ整備の資金調達は当初TIFを中心としたものであったが、DIBはTIFによる資金回収の長期化という欠点を克服するために導入された。ハドソンヤード特別地区では、新たな中心業務地区を整備するためにオフィス用途を中心とした土地利用計画となり、DIBを活用するための容積率は当初計画で示された容積率に上乗せされる形で導入された。こうした計画に対して一部の関係主体は異議を示したが、容積率の配分を見直すことや住宅用途の割合を高めることで市議会において採択された。現在、インフラ整備の資金調達状況は、当初予測の約30%の水準に落ち込んでおり、DIBは予測の半分程度に留まっている。この状況には3つの要因がある。第1に不動産価格の変化、第2にオフィス用途に特化した土地利用計画、第3にインフラ整備の遅れである。これらの要因によって特別地区内の不動産開発が遅れ、DIBの活用が低迷している。

In 2005, New York City government adopted District Improvement Bonus (DIB) to finance infrastructure projects using development rights sales in Special Hudson Yards District (SHYD). DIB was introduced to solve the problem of protracted collection of funds, which is the fault of Tax Increment Funds. Also, this method was positioned as an important source of income at the early stage of infrastructure projects in SHYD. However, DIB was utilized only half of the estimate as of the end of 2013/2014 financial year. There are three factors in this situation; changes of real estate price, the land use planning specializing in office use, and the delay of infrastructure projects. These factors delayed real estate developments in SHYD, and DIB has been hovering at a low level.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 50(3), 898-903, 2015

    The City Planning Institute of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005107761
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10276504
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0916-0647
  • NDL Article ID
    026826481
  • NDL Call No.
    Z3-992
  • Data Source
    NDL  IR  J-STAGE 
Page Top